お知らせ | 鮭川村観光協会

お知らせ

米湿原の木道整備作業完了

ゴールデンウィークを前に、米地区住民や鮭川村自然保護委員会の有志の方々
の作業で木道の整備作業がほぼ終わりました。
一部歩きにくい箇所もありますので、気をつけて散策ください。
ザゼンソウ、そのあとミズバショウがシーズンを迎えます。
P1140640.JPG

4月27日 11時開店 みやまの里木の根坂

みやまのさと木の根坂 今年度の開店日は4月27日(土)11時からです!
27日は特別に山菜の天ぷらをもれなく提供します。
今年から新しいそば打ち職人、邦彦さんも加わり、そばもつゆもリニューアル!
「原木なめこプレゼントキャンペーン」も行いますので今年もよろしくお願い
します!

10月18日締切 写真コンテスト

さけがわフォトコンテスト
鮭川村の四季を通して、村の大切な自然・歴史・文化を再認識、再発見することを目的とし、「さけがわフォトコンテスト」を開催します。
◇主催  鮭川村・鮭川村観光協会
グランプリ 一点 賞状 副賞 三万円相当の商品
優秀賞   二点 賞状 副賞 一万円相当の商品
入選    三点 賞状 副賞 五千円相当の商品
第二九回まるごとさけがわ鮭まつりにて表彰致します。
チラシ pdf
応募票.pdf
◆応募資格
プロ・アマ問いません。
◆対象作品
・平成24年9月1日以降に撮影した、鮭川村の四季をテーマにした作品。
(自然、文化、農産物、イベント等)
・合成写真、組写真、デジタル加工は不可。
・作品は未発表のものに限ります。
・モノクロ、カラーいずれも自由です。
◆平成25 年10 月18 日(木)必着
◆応募方法
・郵送によりご応募下さい。
・サイズ:四つ切り、四つ切りワイドのプリント
・お一人様何点でも応募可能です。
・応募に際しては、下記必要事項を明記した用紙を必ず添付してください。
①氏名(ふりがな)②住所③電話番号(連絡先)④メールアドレス(お持ちの方)⑤年齢⑥タイトル⑦撮影地⑧作品の説明⑨撮影日時
◆応募先
〒999-5292
山形県最上郡鮭川村大字佐渡2003-7
鮭川村産業振興課交流地域づくり室
◇応募作品及び入賞作品について
入賞作品は鮭川村観光ポスター、パンフレット等に使用させていただきます/入賞作品の著作権は鮭川村に帰属します/被写体の肖像権など、他者の権利を含むものは、必ず権利者の承諾を得てください/応募作品は原則として返却いたしません/入選された作品は、原版または撮影データを提出していただきます
◇お問い合わせ先
〒999-5292 山形県最上郡鮭川村大字佐渡2003-7 鮭川村産業振興課交流地域づくり室
℡ : 0233-55-2111 E-mail : kouryu1@vill.sakegawa.yamagata.jp
photocon.jpg

鮭川村観光協会トップページアドレスの確認

鮭川村観光協会のサイトをご利用くださりありがとうございます。
このイベントカレンダーの記事見出しを、鮭川村観光協会メインサイトのTopページに自動で掲載できるようになりました。
お気に入り等に登録してあります鮭川村観光協会のURLにつきましてはhttp://sakegawa-kanko.com/となってくることをご確認ください。
(末尾にindex.htmlが記載されている場合はその部分を削除ください)

やまがた米づくり塾

鮭川村の米地区で開講される「やまがた米づくり塾」の案内を掲載したサイトができあがりました。随時、情報が更新されていきますのでご覧ください。
 サイトはこちら http://yonekome.net/
yonekome.jpg

羽根沢温泉講座 PDF 

 11月の羽根沢温泉 素人演芸大会の際に行われた羽根沢温泉講座で用いられたプレゼンテーションをPDFにてアップしました。
 
 羽根沢 温泉講座
「温泉場の大切さとマーケティング」(石川 理夫)
「高齢者の温泉の入り方、羽根沢の泉質」(浜田 真之)
          
 

11月3日は米地区の湿原保全作業

 米湿原では、11月3日午前9時〜、米湿原の管理作業を行います。ボランティアで参加される方お待ちします。
 午後は米集落の収穫祭です。
IMGP2148.JPG
IMGP2150.JPG
 米湿原には米集落を抜けてくる道と、「左道」から入るルートの二つがあります。看板が出ていますので、それにしたがってお越し下さい。
 mapyone.jpg
 米地区地図はこちら
 
 

鮭川村一周トレイルラン 

鮭川村の地域おこし協力隊のサイトに、鮭川村一周トレイルランの試走報告が掲載されています。リンク

まぼろしの滝 遊歩道の状況

 大芦沢林道の復旧工事は終了し、通行止めは解除されました。しかし工事個所より先、登山口駐車場までの林道はだいぶ荒れていますのでご注意ください。
 また登山口駐車場からまぼろしの滝までの遊歩道も下草に覆われ、歩きにくくなっておりますのでご注意ください。遊歩道がはっきりしない箇所、一部崩落している箇所もあります。
 一般のハイキング客の皆様へは羽根沢側からの入山をお勧めします。