さけがわファンクラブ会員規約 | 鮭川村観光協会

(名称)

第1条 この会の名称は、さけがわファンクラブ(以下「ファンクラブ」という。)と称します。

(目的)

第2条 ファンクラブは、鮭川村出身の方、鮭川村と関わりのある方、関心をお持ちの方が、鮭川村の情報提供や交流により鮭川村を知り、鮭川村を訪れ、全国に鮭川村を発信することにより、鮭川村のファンを増やし、末永く交流を持てるような関係づくりを行うことを目的とします。

(事務局)

第3条 ファンクラブの事務局は、鮭川村観光協会(鮭川村むらづくり推進課内)に置きます。

(会員)

第4条 この規約において「会員」とは、ファンクラブの目的に賛同し、この規約を承諾し、入会手続きを完了した方をいいます。

2 会員は次のいずれかの種別に該当することとします。

  1. (1)個人会員
  2. (2)協賛会員

3 会員は、鮭川村の魅力をPRし、鮭川村に興味を持ってもらえる方を増やすことに協力することとします。

(入会手続)

第5条 ファンクラブに入会を希望する方(以下「入会希望者」という。)は、事務局へ入会を申し出ます。

2 入会希望者は、入会の申込みにあたり、次に掲げる事項に同意していただきます。

  1. (1)事務局が会員の住所、氏名、電話番号、メールアドレス等の個人情報を特定するために必要な情報(以下「会員の個人情報」という。)を名簿に登録すること。
  2. (2)ファンクラブの運営上必要な場合に限り、事務局が会員の個人情報を利用すること。

3 次に掲げる事由に該当する場合は、入会を承認しないことがあります。

  1. (1)入会申込にあたり記入した内容に虚偽の記載があった場合
  2. (2)入会を承認しない正当な事由がある場合
  3. (3)入会希望者が暴力団若しくは暴力団関係の構成員であり、または宗教団体への勧誘活動若しくは違法な販売活動を行う者である場合

4 第1項の入会申込書を受理したときは、速やかに審査を行い、申し込みを適正と認める場合は、当該入会希望者に対して、会員証を発行します。

5 会員証は、他人への転売、貸与または譲渡してはなりません。

6 メールアドレスを登録した方にはメールマガジンを発行します。配信を停止する場合は、配信停止の手続きを行ってください。

(会費)

第6条 ファンクラブの入会金及び年会費は無料とします。

(会員証)

第7条 会員証の有効期間は5年とします。ただし、会員からの申し出がない場合は自動更新となります。なお、会員証を紛失した場合、電話、はがき、メール、FAXいずれかの方法で再発行の手続きを行ってください。

(事業)

第8条 ファンクラブは、第2条の目的を達成するため、会員に対する情報の提供、会員を対象としたサービスの設定その他必要な事業を行うこととします。

(禁止行為)

第9条 会員は、ファンクラブが提供するサービスの利用にあたっては、次の行為を行ってはなりません。

  1. (1)他の利用者、第三者若しくはファンクラブの著作権、プライバシーまたはその他の権利を侵害する行為及び侵害するおそれのある行為
  2. (2)他の会員、第三者若しくはファンクラブを誹謗中傷する行為またはファンクラブの運営を妨げる行為
  3. (3)事実に反する情報または公序良俗に反し、若しくはそのおそれのある情報を他の会員若しくは第三者に対して提供する行為
  4. (4)選挙運動、政治活動、宗教活動その他これらに類する行為
  5. (5)事務局の承諾なくファンクラブの情報若しくはファンクラブが発信する情報を用いた営利を目的とする行為またはその準備を目的とする行為
  6. (6)その他、法令等に違反する行為またはそのおそれのある行為

(会員の届出義務等)

第10条 会員が会員の個人情報その他入会申込時に登録した情報に変更が生じた場合または大会する場合は、事務局へ変更事項の連絡を電話、はがき、メール、FAXいずれかの方法によって速やかに届け出ることとします。

(会員資格の喪失)

第11条 会員が事務局に対して退会届を提出したときは、当該会員は会員資格を喪失します。

2 事務局は、会員が次の各号のいずれかに掲げる行為を行ったと認めるときは、当該会員の会員資格を取り消すことができることとします。

  1. (1)第9条の各号に掲げる行為を行ったとき
  2. (2)入会申込書に虚偽の記載があったとき
  3. (3)会員の登録住所・電話番号・メールアドレス等への事務局からの連絡に対し、応答を拒否する場合または既に使われていない等の理由により連絡をとることが不可能な場合
  4. (4)前3号に掲げるもののほか、事務局が会員として不適当であると判断したとき

(損害賠償)

第12条 事務局は、ファンクラブの運営に関して生じた会員の損害、会員同士または会員と第三者との間で生じた問題及び損害等すべてに関し、いかなる責任も負わず、一切の損害する義務を負わないものとします。

(個人情報)

第13条 事務局は、会員の運営上必要な場合以外の目的で会員の個人情報を利用し、または第三者に提供はいたしません。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、この限りではありません。

  1. (1)法令等に定めがあるとき
  2. (2)本人の同意があるとき、または本人に提供するとき
  3. (3)個人の生命、身体または財産の安全を守るため、緊急かつやむを得ないと認められるとき公共の利益の保護の必要がある場合、または法令に基づき開示を求められた場合
  4. (4)会員に送付する文章等の発送について、外部業者に委託する場合

(規約の変更)

第14条 事務局は、ファンクラブの運営上必要が生じ、規約を変更した場合は、ホームページへの掲載等の方法により、会員に対して変更内容を周知することとします。

附則

この規約は、平成30年3月28日から施行します。